スポンサーサイト

  • 2016.12.08 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    季節の変わり目は誘いの変わり目 & 共通漁券届きました

    • 2016.02.26 Friday
    • 19:43
    はいさい(」・ω・) 2月も後半となりソロソロ産卵を意識したワカサギ達が、活発に動き出す頃となり・・・

    釣り人自身も、その季節変動についていかなければならない頃・・・

    みなさんの誘いは「元気ですかっ!」ではなく、、、

    フカセにばかり頼っていると、せっかくのワカサギを逃す機会を、自ずと増やしてしまいます。Σ(゚д゚lll)

    2月病明けのワカサギは、従来の「寝かせ・たるませ・タタキ釣り」が、とても有効♪

    超低活性のワカサギには「フカセ・追いフカセ」などが効果的♪

    かつての岩洞湖では「寝かせ・たるませ・タタキ釣り」が有効とされ、往年のワカ師の間では、普通に使われてきた誘いのテクニック・・・※語源は「カワハギ釣り」からきています(*^^*)

    さらに、仕掛けにひと工夫を加えるだけで、アタリの出方も大きく変わってきます。

    例:スナップ・スナップ付きヨリモドシは使わずに極小ハリス止(ササメ/ワカサギ極小ハリス止)などで仕掛けを直結にし、ガン玉3〜4程度をハリス止上部に追加する。。。

    近年始めたばかりのファンのみなさんは、15年以上も前のスタンダードは、あまりご存知ないかもしれませんが、時には過去の釣りスタイルを参考にしてみると何か新発見があるかも知れませんよ(。-∀-)♪

    参考までに先日の岩洞湖…あの激シブの中、この「寝かせ・たるませ・タタキ釣り」での釣果が大半でした。。。

    表面張力全盛期の釣り方ですが、現代の高性能穂先との組み合わせは、中々の威力を発揮しますよ〜(//∇//)
    ※ちゃんと穂先にアタリが出ます。

    もちろんタックルのバランスは重要ですが、設定方法は、あくまでも個人の自由・・・

    しかし、多くの場合、現代版フカセ釣りの威力やイメージが強く頭に残り、ベストな釣り方だと思い込んではいませんか?

    状況・季節に応じて誘いやタックル構成も変える・・・これもまた楽しみ方のひとつ。

    お試しになってみては如何でしょうか( ´・ω・`)_?

    以上、今日の独り言でした。。。

    【お知らせ】県内共通漁券が届きました。お引き取りはお早めに〜
     

    スポンサーサイト

    • 2016.12.08 Thursday
    • 19:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM